ご紹介第2弾。10日出演「荒内琴江」

さて、いよいよチケット予約スタートは明日24日南青山曼荼羅websiteにて。

さて、出演者の紹介をしていきますよ~。

本日は、10日出演の荒内琴江さん。
received_925268827651723.jpeg
received_925268824318390.jpeg

私、小泉がここ数年一番ご一緒させてもらってるバリ舞踊家さんです。
とてもエネルギッシュにバリ舞踊活動をされている琴江さん。
バリ芸能がお好きな方は、必ずご覧になったことがあるのではないでしょうか。
琴江さんは、女性舞踊から男性舞踊・仮面舞踊まで幅広い演目を時にエレガントにまた情熱的に踊られます。
その根底にはとても強い精神力とバリ芸能への敬意、
そして彫刻家であった彼女独自の視点を感じます。
不屈の精神、美しく熱い魂、優しい懐の深さ、
とても素晴らしい人間性を兼ね備えた踊り手さんであり女性。

そんな琴江さんが今とても踊っていて楽しいと話してくれた「タルナジャヤ」。
お話の中から彼女の軽やかでフレッシュな「今」のエネルギーを感じ、
ぜひ踊っていただきたい!
皆様に観ていただきたい!と思いました。
「タルナジャヤ」はバリ島北部で生まれた女性が踊る男踊り。
激しいガムランと躍動的な踊り、大人気演目です。
今回は完全版!
素晴らしい時間になるでしょう✨
お楽しみに。
以下、荒内さんのプロフィールとメッセージです。


*************

荒内琴江/バリ舞踊家/福生市生まれ
2000年愛知県立芸術大学彫刻学科卒業。
彫刻で人体を学ぶ中で知った自然の形の不思議、美しさ、その感動をバリ舞踊の中にみる。00'~04'年東京都吉祥女子中学高校美術非常勤講師勤務 04'~06'年インドネシア国立芸術大学舞踊科留学。
バリダンス教室 NagaJepang主宰


メッセージ
⚫︎タルナジャヤ
演目説明
若き勝利者の踊りです。青年の持つ喜怒哀楽をエネルギシュに表現しています。
この踊りへの想い。。言葉にしようとしましたが、ごめんなさい。言葉にできなかった。。いただいた感動、抱いた想い、、踊りの中にすべて込めていきたいと思っております。

この記事へのコメント