ご紹介第4弾。8日出演「林田圭緯子」。

24日にチケットご予約スタートしました!
青山曼荼羅店頭またはWebsiteにて。

今日は林田圭緯子さんのご紹介。

received_2212042292142886-1795c.jpeg

林田さんは、鮮やかで楽しい風を運んでくる達人!

色 色 色、、、
色彩とフォルムとの戯れ、、、

林田さんのセンスには驚かされ、楽しく、幸せな気持ちになってしまうのです。
ちょうどお花見のシーズンなので、例えますと、
お花見で風呂敷につつまれたお重のご馳走をみんなで食べる感じ✨✨✨
私の文章センスはなくてすいません(笑)

そして林田さんの踊りは、どんなに男性的な踊りでもその中にほんのりと柔らかい色っぽさが漂います。とても素敵。

林田さんはバリクンチャナというバリ舞踊グループを主宰され、バリで育まれたユニークで魅力的な演目をパワフルなお仲間と継続して発表し続けられています。
received_2258639190816529.jpeg 
received_2258639317483183-23550.jpeg
received_2258639347483180.jpeg

お話しさせていただくたびに感じるのは、作品へ「大好き」の情熱、創作者から作品創にまつわるところまで細やかに注がれる林田さんの愛。

そして、美術もされる林田さんは舞台美術はもちろん、ご自身で創られた小道具
や創作舞踊の衣装デザインも素晴らしい!

今回踊ってくださるのは「クディステンゲッ(カワセミの舞い)」
昨年からお仲間とのステージを重ねられ大好評の演目。今回はソロアクトでみなさんに林田ワールドをご堪能いただきたいと思います!

以下、林田さんのプロフィールとご本人からの演目解説です。


林田圭緯子プロフィール
学生時代に新宿で大きなバリ島博覧会と遭遇。
来日したバリ舞踊団の素晴らしい踊りや演奏に強い衝撃を受け、
バリの芸能に心奪われる。
その後自分探し的、人生の紆余曲折を重ねる中、
1994年よりバリ舞踊家、俣野葉月氏の元でバリの踊りを学び始める。
1997年からは毎年渡バリし、現地にて新旧の著名な舞踊家の元で学び、
研鑽を積みつつ、東京や関東近郊、名古屋などの催事、舞台公演、ライブイベントなどに出演する。
近年は創舞にも傾倒し、ミュージシャンとのダンスコラボライブや、
バリと西洋の音楽作品との融合を創作舞踊動画作品として発表するプロジェクトに参加したり、
 "バリの人気作家の新作舞踊や、バリ舞踊の今"を日本に紹介し伝える活動をしている。
湘南台カルチャーセンター、バリ舞踊講座講師。
バリ舞踊チーム、バリ・クンチャナ主宰。
(主な出演)
・阿佐ヶ谷バリ舞踊祭('02、'04~  阿佐ヶ谷神明宮)
・愛・地球博('05  愛知県長久手市)
・バリ島芸術祭('08、'14  バリ島デンパサール市)
・創作舞踊舞台劇"たそがれかわたれ"公演('08  青梅•繭蔵)
・バリ舞踊公演"ラーマヤナ物語"('10  中野スタジオあくとれ)
・次世代育成事業、創作バリ芸能舞台公演"踊る大世界"Ⅰ、Ⅱ ('11、'12  名古屋市東文化小劇場)
・バリ・クンチャナ2013~黄金のバリと新世界からの風 with スアラスクマ('13  横浜にぎわい座)
・日本インドネシア市民友好フェスティバル('13~  代々木公園)
・Dance for Eddie Jobson′s "Ballooning Over Texas "('14  youtube 、Bulan Purnama)   
 •  パドマ• グンデルワヤンライブat  カフェ•ムリウイ(′15   祖師谷カフェ•ムリウイ)
・Pentas Sendratari Ramayana Giri Swara Otonomori Gamelan Studio ( '17  バリ島ムングー村オダラン、'18  横浜象の鼻テラス)




Tari Kreasi Kedis Tenggek 
クディス・テンゲッ

カワセミの踊り。カワセミはバリ島の中心、デンパサール市の市の鳥。
この踊りはデンパサール市の公式マスコットダンスとして作られ、
2014年バリ島芸術祭にて発表された、若者たちが踊る大人気新作男性舞踊。
水辺で遊んだり、餌を捕らえたり、機敏でかわいらしいカワセミの様を、
伝統的なバリの動きだけではなく、インドネシア、シラット拳法由来の躍動感溢れる
絶妙な動きを駆使して、よりカッコ良く、ユーモラスに表現しています。


この記事へのコメント